+49 6764 90220

協働型ロボットの産業

使いやすく迅速な導入が可能なRethinkの協働型ロボットSawyerは、さまざまな業界に柔軟で信頼できる産業用オートメーションを提供できます。 ここで、Sawyerコボットの活用例をいくつかご紹介します。 

自動車サプライチェーン

従来の産業用ロボットは、自動車および自動車部品メーカーによって長年にわたって利用されており、ケージの背後で高速作業を行っています。

当社のスマートな協働型ロボット(コボット)は、資材の取扱い、機械の手入れ、検査と検査の実施、完成品の梱包などの単調な反復作業があるところならどこでも、柔軟に労働者と協力して働くことができます。 

自動車サプライヤーの労働力不足を解決

自動車メーカーは近年、軽量化(車重を減らして効率性を高めること)を目標として重金属部品をプラスチックに置き換える傾向にあります。

プラスチック射出成形機は絶えずメンテナンスが必要であり、そうした業務へ人員を配置することは非常に困難です。労働者の確保が難しい場合に、Sawyerはこうした単調な反復作業を実行するのに理想的です。 


エレクトロニクス製造

他の協働型ロボットとは異なり、力計測機能を内蔵したRethink Roboticsコボットは、電子部品の取り扱い、壊れやすい部品の保護、高価な備品の繊細な作業に最適です。

Sawyerは既存の環境に簡単に配置でき、迅速に導入できるため、PCBハンドリングおよびICT(インサーキットテスト)用の費用対効果の高い高性能自動化ツールとなっています。

電子部品メーカーが生産高を増加


「良品」と「不良品」を仕分ける回路基板アセンブリのテストは単調であっても重要な作業であり、作業者にとっては困難なことがよくあります。

Sawyerは、損傷を受けやすい部品を保護するための高分解能の力制御を備えており、生産を継続するための理想的なオートメーションソリューションとなっています。

 

エレクトロニクスメーカーが品質を向上させ、生産量を増加


インサーキットテスト(ICT)は、電子機器製造プロセスでは非常に単純なプロセスです(回路基板の挿入、テスト実行の開始、テスト結果に基づいたボードの配置)が、これがボトルネックとなってより複雑なステップにかけるべき従業員の時間が奪われることがあります。

Sawyerは、繊細な部品を保護する高分解能力制御を備えているため、生産量を増加させるのに理想的な自動化ソリューションであり、共に働く従業員たちに広く受け入れられています。

 


一般製造

多くのメーカーは季節的な業務と顧客需要の変動性による影響を受けています。労働力の増減は珍しいことではありませんが、スタッフにとっては困難なことであり、競争力を維持することはさらに困難です。

Rethink Roboticのスマートな協働型ロボット(cobots)は柔軟かつ非常に簡単に導入でき、さまざまな分野で需要のピーク、3交代制シフトや季節的要件を管理できます。

オーストリア、ドイツ、オランダ、スイスでコボットのレンタルに興味をお持ちであれば、HAHNグループのロボット部門、HAHN RobShareがお客様のロボットレンタルソリューションパートナーとなります。

中小メーカーがサプライチェーンを短縮化


かつてオートメーションは、何ヶ月間も同じ業務を繰り返し実行する大規模メーカーだけが、非常に高額なロボットを使用して行うものでした。

しかし現在では、Rethink Roboticのスマートコラボレーションロボットは手頃な価格になっており、家族経営の小規模企業でも十分利用可能になっています。品質の向上、サードパーティサプライヤへの依存低減、そして競争力の維持を可能にします。

 

家具メーカーが労働ギャップを埋める


多くのメーカーは季節的な需要の変動に対処しなければなりません。教育機関を顧客に持つ企業の場合、新学期開始までの締め切りに間に合わせるための人員配置は非常に難しい場合があります。

Sawyerは生産の退潮期と繁忙期に対応し、ダウンタイムリスクを低減することができる柔軟性の高いオートメーションソリューションです。


金属加工

金属加工での作業は通常、汚れることが多く、単調で危険な作業を伴います。

Rethink Roboticのスマートな協働型ロボット(cobot)は決してこうした仕事に不平を言いません。人々がより安全な環境で働き、より付加価値の高い仕事を行えるよう支援します。Sawyerのようなコボットは、機械の手入れや部品の積み降ろしなどの金属工場での作業をオートメーション化するのに理想的です。こうした理由で、Sawyerは従業員の間で非常に高い評価を得ています。

メーカーは生産性を高め、職場の安全性を向上させる

金属加工分野において、典型的な作業には、機械の手入れや切断、成形、溶接、検査部品の操作が含まれます。これらは極めて面倒であるだけでなく、非常に危険です。

その結果、工場は手頃な価格の協働型ロボットによるオートメーション化に目を向けるようになり、人々がより付加価値の高い仕事に取り組むとともに、怪我を回避できています。 


梱包および共同梱包

契約主導型生産、販促包装、季節的需要、製品ライフサイクルの短縮。これらの課題に対応する企業は柔軟性を重視しています。そして柔軟性と言えば、スマートな協働型ロボット(コボット)Sawyerが優れている点です。

Sawyerは、簡単、柔軟かつ迅速に導入できるため、短期間での調整やニーズに応じた製品の切り替えに最適です。

共同包装業者が生産性を向上

多くのメーカーは、作業効率を高め、自社製品を店舗に投入するために共同包装業者を頼りにしています。共同包装業者は、自社の生産性を向上させ、消費者の購買動向の変化に適応するためにオートメーションに注目しています。

Rethink Roboticのスマートな協働型ロボットは、多くの仕分け作業および梱包作業に最適で、人間の作業者がより熟練した仕事に集中できるようになります。


プラスチックファクトリーオートメーション

射出成形プラスチックは、私たちが日常使用する非常に多くの製品に使用されています。部品は軽量であるため、Rethink Roboticのスマートな協働型ロボット(cobot)に最適です。

射出成形機の積み降ろしからプラスチック部品のキッティング、完成品のブリスターパックへの梱包、出荷用コンテナの梱包まで、Sawyerはほぼすべての作業を自動化する機能を顧客に提供できます。

コボットがプラスチックブロー成形メーカーに労働ソリューションを提供

プラスチックメーカーは、大半の人員が最初のシフトで逃げ出してしまうような、単調で繰り返しの多い仕事に人を割り当てるのに苦労しています。

しかし、ペットボトルをコンテナに詰めるなどの繰り返し作業は、1日24時間週7日で作業可能な協働型ロボットには最適です。そして、数か月のうちに目標とする投資収益率(ROI)達成できれば、それは有意義な製造自動化ソリューションとなります。

プラスチックメーカーは効率を高め、成長を推進

Dプレス機から部品をピックアップし、CNC機械に投入するのは面倒な作業です。

箱一杯になるまで部品を数える、という作業を何時間も繰り返し行うことは人的ミスの原因となります。

コボットは、プラスチック製造でよく見られるこうした反復的で単調な作業に最適です。

射出成形業者がスループットを向上

プラスチック射出成形プロセスのゲート除去作業は、作業員にとって単調な反復作業であり、多くの場合、部品品質の問題や反復作業による従業員へのストレスの問題が発生する可能性があります。

Sawyerはこの種の作業に最適なオートメーションソリューションであり、部品品質を向上させるのと同時に、生産量を増やすのに役立ちます。

射出成形業者が迅速なROIを達成

プラスチック部品が射出成形機によって形成されると、製造プロセスにおける次のステップには大抵の場合、CNC機が含まれます。しかし、部品をピックアップしてCNC機へ正確に設置する作業を週5日または7日の3交代制シフトで行う労働者の確保はほぼ不可能でしょう。

コボットSawyerは一日中部品を取り扱うことができ、ほんの数ヶ月で投資を回収できます。

Contact form

Contact form

fieldset

Note: You can revoke your consent at any time for the future by e-mail to info@SPAMPROTECTIONrethinkrobotics.com.