+49 6764 90220

用途

産業オートメーションは、労働問題を解決し、生産性を高め、そして品質を向上させることができます。 しかし、どの製造プロセスをオートメーション化すべきでしょうか?

以下の産業用途では、Sawyer独自のコボット機能を活用することで、短期間で投資のリターンが得られることが証明されています。協働型ロボットを使ってタスクをオートメーション化する方法や、Sawyerを作業に従事させる方法については、以下のガイドを参照してください。

積み降ろし

世界のほぼすべての工場では、何らかの形でラインでの積み降ろし作業を行っています。Rethink Roboticsのスマートな協働型ロボットSawyerは、テーブル、コンベア、および作り付け器具へ部品を移動させる、という単調でありながら非常に重要な仕事に最適なソリューションを提供しています。

Sawyerにはカウントを行いながら部品の向きを変えて配置する機能があるため、工場での作業に適しています。

 


プラスチック射出成形およびブロー成形

スマートな協働型ロボットであるSawyerは、製品のカスタマイズに対する顧客の需要が高まる中、機械のメンテナンス、製品の検査、およびマテリアルハンドリングの機能を追求した、コスト効率の高い高性能ファクトリーオートメーションツールを提供します。


PCBの取り扱いとICT

PCBの取り扱いとICTは繊細な部品特性とライン切り替えが高頻度で発生するために、これまではオートメーション化が困難な分野でした。Sawyerは高性能で使いやすく、柔軟で普及している協働型ロボットであり、特にこの種のタスク処理用に設計されています。

迅速な再導入機能により、Sawyerは既存のインフラストラクチャを大幅に再設定することなく、既存環境への投入が可能です。さらに、コボットは取るべき進路を「感じる」ことができるので、こうした用途に最適です。


テストと品質検査

従来、テストシステムは量産ラインでしか見ることができませんでした。

現在、Rethink Roboticsの協働型ロボットは、単一カメラを使用した多点検査、結果のフルデジタルトレーサビリティ、およびエラー防止処理を含む完全なパッケージを提供しています。


金属プレスおよびプレス機メンテナンス

金属成形機やスタンピング機を使った作業は、汚れることが多く、単調で危険な作業となる可能性があります。さらに、多くのプロセスは依然として「人が接触」する必要があります。

しかし、Sawyerは、使いやすく柔軟性のある協働型ロボットで、これらのタスクで高い実績を上げており、絶えず変化するライン構成、部品の正確な積み降ろし、複雑な機械へのメンテナンスが可能です。


CNC機械のメンテナンス

機械のメンテナンスは、どの工場でも最も単調な仕事の1つです。使いやすさと柔軟性があるSawyerは、CNCマシンとの統合することで、さまざまなサイクルタイムの調整、部品の積み降ろし、仕上げ作業のサポート、その他の機械とのやり取り調整を行う優れたソリューションです。


共同梱包およびラインエンドでの梱包

使いやすく柔軟な協働型ロボットSawyerは、幅広い包装用途に最適です。

何度も繰り返されるケース梱包から、3PLプロバイダーからの多様な要件まで、Rethink Roboticsのロボットは、原材料、完成品、および多種多様なタイプの製品やコンテナ用のマルチパックケースの梱包作業を行うことができます。

Contact form

Contact form

fieldset

Note: You can revoke your consent at any time for the future by e-mail to info@SPAMPROTECTIONrethinkrobotics.com.