強力な
プラットフォーム

Interaという製品名には大きなポテンシャルが秘められています。Intera(「インテラ」と発音します)という名前は、当社ロボット製品の特徴である双方向ユーザインターフェイスを象徴したものです。

Intera 3ソフトウェアのロゴ

Interaはグラフィカルユーザーインターフェイスを採用しており直感的な操作が可能です。専門家でなくても簡単に習得できます。Interaでは、一連の実作業の流れをバクスターとソーヤーに学習させることができます。座標系を使用しないため、技術者以外の方でも必要な時にプログラムを作成したり修正することが可能です。また、ROSなどの近代的なツールを採用し、拡張性の高いプラットフォームを実現しているため、現代の作業環境に最適な機能と、優れた柔軟性を発揮します。

Intera 3は当社が提供している革新的なソフトウェアプラットフォームの、最も新しく高性能なバージョンです。頻繁なソフトウェアリリースの提供により、機能の強化を常に行っています。

イノベーション、
改良、継続

当社の主力ロボットであるバクスターを発売したとき、バクスターは画期的な方法で製造現場の反復作業を自動化し、業界に革命を起こしました。それ以来、当社はイノベーションを推進しながらInteraプラットフォームの改善を続け、ロボットの作業性、機能性、操作性の強化に努めています。さらにソーヤーの導入によって、先進的なハードウェアと、業界をリードするソフトウェアを統合し、比類のないメリットをお客様に提供しています。

最高の性能を備えた最新バージョン:Intera 3.3

バクスターとソーヤーで使用できる最新のソフトウェアプラットフォームはIntera 3.3です。このバージョンでは、従来のバージョンと比較して、数多くの重要なアップデートが行われています。また、後方互換性を備えているため、これまでに当社が販売したすべてのロボットに対応しています。Intera 3.3の最新の機能をフルに活用していただくため、サブスクリプション方式でソフトウェアを購入されたお客様には、Intera 3.3へのアップグレードをお勧めしています。最高の性能を備えた最新リリースのソフトウェアにアップグレードする方法については、カスタマーWikiをご覧ください。