用途と業種

有能なロボットにお任せ

現場で活躍するリシンク・ロボティクスのロボット

スマートな協働ロボットは、どのような現場に向いているのでしょうか。実は、ほとんどどのような現場にも、活躍の場を見つけることができます。リシンク・ロボティクスのロボットは、特に優れた柔軟性を備えており、幅広い業種と用途に対応します。軽量な部品を扱う、反復作業がある、自動化したいプロセスがある。こうした環境であれば、リシンク・ロボティクスのロボットが役に立ちます。

用途

自動化の適用事例を紹介

CNC Machining

CNCマシン操作

CNCマシンのローディング/アンローディング、多様なサイクル時間と仕上げ操作への対応、稼働率の向上、廃棄率の削減。

Machine Tending

金属加工

プレスブレーキマシンの操作、作業者の安全性と満足度の向上、生産性の向上、品質の改善

Icon for packaging

梱包

箱詰め、部品および資材の梱包、積み重ねなどの作業を行えます。多様な製品に対応します。

Test and Inspection

テストおよび検査

1台のカメラによるマルチポイント検査、結果の完全なデジタルトレースが可能、プロセスからエラーの可能性を排除。

PCB Handling and ICT

PCBハンドリングおよびICT

一連のプロセスの中で、基板検査機の操作、精密部品の搬送および操作を実施できます。

Molding Operations

成型操作

射出成型機を操作し、サイクル時間の短縮、マシン使用率の改善、エラーの削減を実現できます。

Loading and Unloading

ローディングとアンローディング

作業台、容器、ベルト コンベア、治具などへの部品の運搬/供給を行います。回数のカウントや、部品の位置決めに対応します。

業種

導入事例

リシンク・ロボティクスのロボットは、規模の大小を問わず多くの企業に導入され、活躍しています。企業の業種も、電子部品やプラスチック、自動車、金属、消費財の自社製造から、受託での製造/梱包までさまざまです。リシンク・ロボティクスのロボットで、こうした成功事例の仲間入りを果たしましょう。

プラスチック

軽量なプラスチック製の部品や資材を扱う業種には、リシンク・ロボティクスのロボットが最適です。射出成形機へのローディング/アンローディングから、プラスチック部品の取り付け、出荷用のブリスター パックや気密容器への梱包まで、リシンク・ロボティクスのロボットはプラスチックの扱いを得意としています。

受託製造/梱包/3PL

契約ごとにスケジュールが決定されるこれらの業種では、多くの場合、大量生産能力よりも柔軟性が重視されます。柔軟性は、リシンク・ロボティクスのロボットが持つ強みの1つです。ユーザー自身の手ですばやく容易に導入し、作業内容を変更できるため、ロボットをラインからラインへと移動する必要がある環境に最適です。

電子部品

精密部品を扱い、頻繁に生産ラインが変更される電子部品製造(ECM)は、長い間、自動化が現実的でないとされてきました。しかし、リシンク・ロボティクスのスマートな協働ロボットは、この分野でも卓越した性能を発揮します。柔らかいタッチと比類ない柔軟性により、ECMに関連する幅広い作業を自動化できます。

金属加工

熱や騒音、悪臭が発生する金属加工の現場は、人間にとって非常に過酷な環境です。しかし、こうした環境で最も困難とされる作業は、リシンク・ロボティクスのロボットが最も得意とする作業でもあります。プレス ブレーキをはじめとする各種機械の操作、生産ラインや治具への部品供給、原材料や完成品のハンドリングといった作業に大きな効果を発揮します。

消費財

消費財製造は、特に季節変動の大きい業界です。繁忙期にはより多くの人手が必要となりますが、このような時期に必要な人員を確実に確保できるとはかぎりません。リシンク・ロボティクスのスマートな協働ロボットは、深夜シフトや季節ごとの労働力需要の管理に役立ちます。高い柔軟性を備えているため、箱詰めや生産ラインへの部品供給、検査の補助など、必要に応じて幅広い種類の作業に対応できます。

自動車

産業用ロボットは、長年、自動車をはじめとする輸送機器のメーカーで広く使用され、安全柵の中で塗装や溶接などの作業に従事してきました。リシンク・ロボティクスのロボットは、部品をピッキングして生産ラインや治具に配置する、プラスチック部品を圧入する、検査機を操作するなどの作業を、作業員のすぐそばで行うことができます。

研究と教育

ロボットは、多様な研究・教育プロジェクトの基盤技術としても活用できます。バクスター研究ロボットは、そうした用途に最適なロボットです。安全性に優れた、低価格なオープンソースプラットフォームであるバクスター研究ロボットは、現代の最新技術で将来の人材育成と技術革新を支える、実証済みの強固な基盤を提供します。

ロボットの導入事例

リシンク・ロボティクスを導入している企業の一例

Logo of John Deere

Logo of Mason Plastics

Logo of The Rodon Group

Logo of American Licorice Company

Logo of King Innovation

Logo of Steelcase

Logo of Kaiser Permanente